ホテルステイ

パークハイアット東京 宿泊レポート! (パークスイート編)

ワールド オブ ハイアットのグローバリスト会員のスイートアップグレード特典の有効期限がせまっていたので、今回は「パークハイアット東京」のパークスイート キング(100平米)に宿泊してきました!

ハイアットブランドの中でトップブランドのパークハイアット、大人な時間が常に流れています。

パークハイアット東京はどこにあるの?

西新宿の高層ビル群の端にある、新宿パークタワーの39階〜52階に入っています。

新宿駅西口のハルク前から30分間隔ぐらいで無料のパークハイアット直行のシャトルバスがあるので、電車で行くときも心配いりません。シャトルバスと言ってもそこまで大きなバスではないので、乗りきれない場合は、なんとタクシー代をホテルが負担してくれます!(←2回ほど経験済みw)大江戸線の都庁前駅からは歩いて7~8分ほどでホテルに着くので、車以外の方は大江戸線を使って行ったほうがいいかもしれません。

丸ノ内線の西新宿駅からも歩けなくはないですが結構な距離歩くのであまりおすすめしません…

どうやって予約したの?

ハイアットブランドのホテルに泊まるときは、基本的にホテルの公式サイトから予約してます!というのも、公式サイトのルームレートじゃないとワールド オブ ハイアットのステータス取得に必要な宿泊数やポイント対象にならないからなんです…

今回はグローバリスト特典のスイートアップグレードを利用する予定だったので、まずはルームカテゴリーで一番下の「デラックス キング(55平米)」を予約!1泊税込みで¥57,000程度でした。オンライン予約が完了したら、ワールド オブ ハイアットの会員専用番号に電話してスイートアップグレードを利用したい旨を伝えます。その場で部屋空きがあれば、予約確定となり、登録しているメールアドレスにコンファメーションが送られてきてアップグレード完了です!

パークハイアット東京の場合、スイートアップグレード対象のスイートは基本「パークスイート」のようですが、運がよければそれ以上のスイートにアップグレードされることもあるようです!

お部屋はどんな感じ?

パークハイアット東京では、スイートは基本的にルームチェックインです。まあ普通にフロントでチェックインする場合でも、ゆったり座りながらチェックインするので全く問題ないのですが…

創業から約24年経過してますが、いい意味で全く古さを感じさせません。エレベーターを降りて何とも言い表せない淡い青色を貴重とした廊下を進むと小さなオブジェが置かれたパークスイートへのドアが!

部屋の中に入って、リビングエリアの方へ進んで行く途中にセンスよさげな大きな鏡と本がインテリアとして置かれています。

そのまま奥へ足を進めると、大きなソファが置かれた広々としたリビングが!広さが100平米レベルのお部屋になってくるとやっぱりスペースの使い方が贅沢ですねー

別方向から。

もうワンショット!wこの奥にベッドルームがあります。

キングサイズベッドがドーンとおかれたベッドルーム。余計な物が置かれておらず、シンプルでかっこいいですね。
ベッドも程よい固さで寝心地抜群です。大きな枕も最高です!

そして、ベッドルームの奥には高級感たっぷりの贅沢造りのバスルームが…

もちろんダブルシンクです!アメニティは全てオーストラリア発のオーガニックコスメブランド「Aesop」で統一されています。全身Aesopの香りに包まれて幸せな気分に♪

女性にありがたい、広々としたパウダーエリアもあります!

お部屋全体的に贅沢に鏡を使った内装なので、落ち着かないと思われるかもしれませんが、全く気になりません!w

朝食はどんな感じ?

41階にある「ジランドール」で頂きます!ビュッフェとアラカルト両方とも用意されていますが、ビュッフェを選んだ場合でも好みの卵料理をオーダーを受けてから作って頂けるので、熱々が頂けます!

グローバリスト会員の場合は朝食が無料になり、ビュッフェを選んだ場合でも卵料理以外にフレンチトーストやパンケーキなどもオーダー可能です!今回は写真を撮り忘れましたが、バターミルクパンケーキを頂きました!オレンジピールが練り込まれたバターとたっぷりのメープルシロップで朝から至福のひととき…

ビュッフェエリアには種類豊富なペストリーやパン、フレッシュフルーツ、ヨーグルト。ソーセージ、グリルベーコン、ポテトやキノコのソテーなどのホットミールに加えて、簡単な和食(煮物、焼き魚、菜の花の白和え、お味噌汁、ご飯etc…)も用意されてます!!

贅沢な朝になること間違いなしです!

結論

ハイアットブランドの最高潮ほてるらしい佇まいとサービスで、都内にいながら非日常にどっぷりつかれます!

騒々しい日々から離れて旅行でリフレッシュしたいけど、休みがそんなにとれない…そんな方でもパークハイアット東京に泊まれば1泊2日でもしっかりリフレッシュできるはず!!

以上、パークハイアット東京の宿泊レポートでした!!
※2018年1月時点の滞在レポートです。

過去の記事

  1. ホテルステイ

    ハイアットリージェンシー 箱根リゾート&スパ 宿泊レポート!(スイート編)
  2. ホテルステイ

    パークハイアット東京 宿泊レポート! (パークスイート編)
  3. ホテルステイ

    クラブ カールトンスイート滞在記 2018 | ザ・リッツ・カールトン東京
  4. ホテルステイ

    宿泊レポート② グランドハイアット東京 (デラックスキング編)!
  5. ホテルステイ

    グランドハイアット シンガポール 宿泊レポート!(グランドスイート編)
PAGE TOP