ホテルステイ

ザ・リッツ・カールトン東京 宿泊レポート!(クラブデラックスルーム編)

こんにちは!Mr.ホテル好きです。今回は東京は六本木にある、米系ラグジュアリーホテルの代表格であるザ・リッツ・カールトン東京(以下、リッツ・カールトン東京)のクラブレベルの嗜み方をご紹介します!予約方法やお部屋の様子なども載せるので、泊ってみようかな?と考えてる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

どうやって予約したの?

今回はホテルの公式HPからの予約です。Mr.ホテル好きは基本的にホテルを予約する時はそのホテルの公式HPから予約するようにしてます!というのも、第三者サイト(ホテル比較サイトなど)からの予約だと、ホテルのロイヤリティプログラム (リッツ・カールトンであれば「The Ritz-Carlton Rewards**)のポイントや宿泊数の加算対象にならないことが多いからなんです!

**2018年8月頃には「SPG」に統合される予定。

ロイヤリティプログラムなんてどうでもいい!ということであれば、ホテル比較サイトからの予約の方が、ホテル公式HPよりも若干安いことがあるのでいいかもしれません。ただ、今後も定期的に泊まりにくるかも…って思うホテルがあるのであれば、ホテルの公式HPから予約してポイントや宿泊数を貯めて上級会員を目指しましょう!ちなみに、Mr.ホテル好きはハイアットの「World of Hyatt」がメインでしたが、今後は最近マリオットリワードやリッツカールトンリワードが吸収された「SPG」にも力を入れて行こうかと思ってます!!

少し話がずれましたが、予約方法の話に戻ります!

リッツ・カールトンの公式HPにアクセスして「宿泊の予約」をクリックするか画面を下の方にスクロールさせると、画像のような入力箇所が現れるので、宿泊期間と人数を選択して「空室検索」をクリックします。


出典元:ザ・リッツ・カールトン公式HP

そうすると、このように部屋のタイプ毎にルームレートが表示されます。「スペシャルオファーとパッケージ」をクリックすると朝食付きプランや、期間限定宿泊プランのルームレートが表示されます。ちなみにリッツ・カールトン リワード会員向けのルームレートもここに表示されます!(通常料金よりも数千円程度安い場合が多いです)

出典元:ザ・リッツ・カールトン公式HP

お好みのルームレートを選択して、必要事項を入力して「今すぐ予約」をクリックすれば予約完了です!

※「ザ・リッツカールトン東京-Ritz-Carlton|オフィシャルサイト」にアクセスすると、ここで紹介したサイトとは別サイトに飛びますが、どちらのサイトもホテル公式HPです。

ザ・リッツ・カールトン東京はどこにあるの?

リッツカールトン東京は六本木にある東京ミッドタウンの45階〜53階にあります。電車で行く際には大江戸線か日比谷線の六本木駅から歩いて10分程度で到着します!ただ、43階にあるフロントへと通じるエレベーターの場所が若干わかりにくいので、間違えてバンケットホールの方へ行かないようにご注意を!

車やタクシーで行く方はホテルの車寄せにあるエントランスを真っ直ぐ進んだところにあるエレベーターに乗って43階へ向かいましょう!
※車の場合は1泊¥6,000(税抜)程度かかります。

リッツ・カールトンのクラブレベルの嗜み方

ホテルの嗜み方は十人十色かと思いますが、一例としてMr.ホテル好きの楽しみ方をご紹介します!

まずは優雅にチェックイン!

チェックイン時間は15:00〜となってますが、若干早めに到着してもクラブレベルのお部屋を予約している場合はクラブラウンジでゆっくりすることができるので14:00頃にだいたいホテルには到着するようにしてます!

タクシーでメインエントランスに降り立つと、ベルボーイさんに名前を伝えると(場合によっては〜様でいらっしゃいますか?と向こうから聞いてくれる)53階まで案内してくれます。
※通常フロアのお部屋を予約している場合は43階のフロントまで案内してくれます。

53階のクラブラウンジに到着するとスタッフさんが「お帰りなさいませ、Mr.ホテル好き様」と出迎えてくださいます!(1回でも宿泊すると基本的には「おかえりなさいませ」と言われることが多いようです)

そして自分の好みの席に腰を下ろすと、六本木の都会な景色を眼下にウェルカムドリンクと共にゆったりとチェックインです!

クラブラウンジってなに?

ホテルの中のホテルとも称される、クラブレベルのお部屋の宿泊者のみが使えるラウンジです。リッツ・カールトンに限らず、他のホテルでもクラブフロアがあるところではラウンジが設けられているところがほとんどです。

リッツ・カールトン東京の場合は1日5回、時間帯によって異なるフードやドリンクが楽しめます!

出典元:ザ・リッツ・カールトン公式HP

リッツカールトン名物のアフタヌーンティーを楽しむ!

15:00~16:30の間はアフタヌーンティーを楽しむことができます!以前はビュッフェ形式の時もありましたが、現在はお決まりの3段プレートで提供されています。

それでは早速頂きましょう♪

この日は、上段のプレートにはストロベーリやローズを使った、小さなタルトやマカロン、ムースなどが並んでいました。
マカロンは口に含むと程よいローズの風味が広がります。中段には一口サイズのトルティーヤ、サンドイッチや野菜スティックが…サンドイッチのクリームチーズが濃厚で美味しいです!そして下段にはアフタヌーンティーに欠かせないスコーンが!半分にして、たっぷりのクロテットクリームとジャムをのせてパクリ…何度食べても幸せですwスコーンの横にはプチフィナンシェも添えられていました。

クラブラウンジは「ガーデンテラス」「ダイニングルーム」「ライブラリー」の3つのエリアに分かれてます。ガーデンテラスはエントランスから近いですが、大きなソファが置かれていて開放的な空間が広がります。ダイニングエリアは文字通りキッチンエリアから一番近く、席も多めに設けられているので、飲み物や食べ物をサクッと楽しむには良いのではないでしょうか?そして、ライブラリーはバーエリアなどがあり、邸宅の書斎をイメージした作りになっていて、しっとり大人な時間を楽しめる雰囲気になっています。Mr.ホテル好きはこのエリアが一番好きです!!お一人様も結構目にしたので、読書やパソコンを広げて思い思いの時間が過ごせますよ!

お部屋へGO!

クラブラウンジでアフタヌーンティをゆっくり楽しんだ後は、早速お部屋へ行きましょう!今回はクラブレベルの一番下のカテゴリーのお部屋、「クラブデラックス キング(52平米)」に宿泊です。

出典元:ザ・リッツ・カールトン公式HP

一番下のカテゴリーのお部屋とはいえども、52平米あるで広々とした空間が広がります!

ベッドも高級ホテルお決まりのシモンズで寝心地抜群です!

お部屋でのんびりした後はクラブラウンジのカクテルアワーへ!

夕日も沈んで、明りが落とされたラウンジはアフタヌーンティーの時とはガラッと変わり、ムード感たっぷりな大人の空間になっていました!

ライブラリーエリアの一番奥はラウンンジの角に位置していて、ソファが2セット置かれているだけなのでプライベート感たっぷり+窓からは2方向の景色を楽しめるのでおすすめです!

ラウンジにある2つのキッチンエリアには目にも楽しいカナッペや、ちらし寿司、カレーなどのご飯ものや可愛らしいミニココットに入ったポトフ。ライブキッチンでシェフの方がその場で用意してくれるホットディッシュ(この日はお茶漬け)などもあり、カクテルアワーとしては十分すぐりくらいの品揃えです!キッチンにある小ぶりな冷蔵庫の中には、チョコレートムースやチーズケーキなども並んでいます(人が多く、なかなか写真が撮れませんでした…)。

コーヒーゼリーならぬエスプレッソゼリーがあったのですが、濃厚なエスプレッソが感じられるゼリーとミルキーなミルクムースが絶妙な組み合わせでした♪

Mr.ホテル好き達は夕飯はお部屋でインルームダイニングを頼むと決めていたので、カナッペとスイーツをちょっぴり楽しむ程度でしたが、ホットディッシュもあるので、注意しないとすぐにお腹が一杯になってしまうこと間違いなしです!

夕飯はインルームダイニングで!

ホテル内のレストランもいいけど、二人だけの空間でゆっくりディナーを楽しみたい…そんな時はやっぱりインルームダイニングが一番!でお互い好きなものをオーダーできるのも気軽でいいですよね。この日はMr.ホテル好きも彼女も和食な気分だったので、松花堂弁当(約¥6,000)とかつ重(約¥3,000)を注文!オーダーしてから30~40分程度でお部屋に届きました。

Mr.ホテル好きか頼んだのは、松花堂弁当。品数が多く、かなりボリュームがあります!お櫃に入ったご飯も1.5合ぐらい入っていたかと…お味噌汁は赤出汁でポットの中に入ってくるので、熱々が頂けます!

そして、彼女がオーダーしたかつ重。ほどよい甘さの割り下がしっかりしみた、肉厚のカツがとっても美味しい♪と言ってましたwかつ重なので、ご飯がべちゃっとせずに頂けるのもいいです!

ふたたびクラブラウンジへ!

インルームダイニングで夕飯を済ませた後は、またまたクラブラウンジにお邪魔します!21:00過ぎぐらいに伺った時はちょうどナイトキャップの時間帯。キッチンエリアには可愛いボンボンショコラや、チョコレートフォンデュ、クッキーなどが並んでいます。我々はというと、夕飯が思った以上にボリュームたっぷりだったので、飲み物だけ頂くことに…。ミントティーをいただきながら、ガーデンエリアで寛ぎます!この時間になるとゲストの数も少なくなり、いい感じです!

カクテルアワーの際に並んでいたプチケーキやムースなども冷蔵庫にあるので、食後にちょっと甘いものが欲しい…って時にもありがたいです♪

寝心地最高なベッドでおやすみなさい!

お部屋に戻って、シャワーを浴びたらふかふかなベッドに横になったら勿体無いことに知らない間に寝てしまってました…wバスタイムは今回はシャワーで済ませてしまいましたが、大理石造りの大きなバスルームにはバスピローが用意されたゆったりしたバスタブがあるので、明りを少し落としてリラックスタイムを楽しむのもおすすめです!!

朝食はどんな感じ?

クラブレベルの宿泊者は43階にある「タワーズ」かクラブラウンジで頂けます。クラブラウンジでもよかったのですが、チェックインしてからラウンジと部屋しか行き来していなかったので、朝食はタワーズに行くことに…この日は仕事だったこともあり、早めの7:00頃に伺いました。この時間だとゲストがほとんどおらず、好みの席に案内してもらえます。Mr.ホテル好き達は角の窓側の席に座りました!日差しが少し強いですが、目覚ましにはちょうどいい感じ♪朝食はビュッフェ形式+アラカルトのオーダー式です。ビュッフェ台に取りに行く前に、バターミルクパンケーキとエッグベネディクトをお願いしました!お願いしたアラカルトの料理を準備して頂いている間に、ビュッフェ台から新鮮で水々しいフルーツや、サラダを取って来ました(写真がなくてすみません…)。パンの種類も豊富で、スイーツ系のパンも充実!その中でもシナモンシュガーのアイシングがたっぷりのったシナモンロールは絶品です!!

ほどなくして、先ほど注文したアラカルトのお料理が届けられました。イメージよりも量は控えめで、1人2品くらい頼んでもいいかもしれません!Mr.ホテル好きが頼んだバターミルクパンケーキは表面が少しカリッとして仕上がりで、たっぷりのメープルシロップをかけて頂くとカリッ・ふわっ・じゅわーっと食感が楽しめます♪彼女が頼んだエッグベネディクトはと言うと、ちょっと変わり種でカリッとトーストされたイングリッシュマフィンにのったポーチドエッグの上からオランデーズソースとバジルソースがかかったものでした。

ビュッフェ台には、お味噌汁、焼き魚、煮物、ご飯やお粥などの和食も用意されているので、朝は和食派!と言う方でも十分に楽しめるビュッフェ内容かと思います!

まとめ

リッツ・カールトンに泊まるのであれば、やはりクラブレベルを予約して、ホテル滞在を満喫するのが一番!ゴールデンウィークや長期休暇の時期だと若干ファミリー層が増えるイメージですが、それ以外は落ち着いた客層なので、観光ではなくホテルでの時間を満喫したいという方にはぴったりです!

クラブレベルのお部屋に宿泊する際には、ぜひ早めに到着してクラブラウンジをフルに楽しみましょう!

宿泊日まで日数がある場合は事前決済プランなどで通常料金から10~15%オフのレートで予約できることもあるので、早めの予約がおすすめです!!

以上、ザ・リッツ・カールトン東京の楽しみ方でした!

過去の記事

  1. ホテルステイ

    【クラブスイート 滞在記 2018】ザ・リッツ・カールトン大阪
  2. ホテルステイ

    クラブ エグゼクティブスイート滞在記 2018 | ザ・リッツ・カールトン東京
  3. ホテルステイ

    宿泊レポート② グランドハイアット東京 (デラックスキング編)!
  4. ホテルステイ

    クラブ カールトンスイート滞在記 2018 | ザ・リッツ・カールトン東京
  5. ホテルステイ

    グランドハイアット シンガポール 宿泊レポート!(グランドスイート編)
PAGE TOP